ロゴ

GEによるアルストムの買収、発電事業に注力

GEは、フランスのインダストリアル企業「アルストム」の発電設備・送配電資産を買収することになり、
発電・再生エネルギーの製品ポートフォリオをさらに盤石なものにしようとします 。

欧州委員会(EC)は9月8日、GEが提案していたフランスのインダストリアル企業アルストムの発電・送配電資産の買収取引を承認しました。

CTスキャナからジェット・エンジン、発電タービンまでさまざまな製品を製造するGEは、過去1年間、中核事業の強化、ソフトウェアへの投資、モノのインターネットへの機器の接続、かつて収益の半分以上を生み出していた金融事業の売却手続きなどを進めてきました。

そして今、アルストムの発電・送配電設備の製造事業を買収することで、製品ポートフォリオをさらに盤石なものにしようと計画しています。GEは、アルストムの収益によって2018年までに1株あたりの利益が0.15~0.20ドル増加し、インダストリアル事業で生み出される営業利益が2014年の58%から90%以上に増加すると推計しています。

GE、アルストムの買収による企業の競争力の強化

GEとアルストムのアライアンスの構造

GEがアルストムの資産に対する買収提案を初めて公表したのは2014年4月のことです。それから15カ月間、GEは規制当局から多くの承認を得てきましたが、この買収取引の核となる部分――アルストムの補完的なテクノロジーと地理的なリーチ、500ギガワットのインストール・ベース(すでに設置された発電機器資産)、そして再生可能エネルギーや送配電の幅広い製品ポートフォリオ――が残っていました。GEの会長兼CEOであるジェフ・イメルトは、ECの決定を受け「GEが世界に冠たるインダストリアル企業へと進化するために、この買収は欠くことのできないステップです」と話しています。

GEとアルストム

イメルトは、このECの承認によって早ければ第4四半期中にも買収を完了する道が開けた、と話しています。GEは今後、提案された修正点――アルストムのガスタービン事業の一部とアフターマーケット向けの部品・サービス事業の売却を含む――について、コミットメントを完了することを目指します。

GEの予測によると、この取引で獲得するアルストム資産の統合が完了すれば、費用面で約30億ドルのシナジー効果が生まれる見通しです。イメルトはこう話しています。「この15カ月間、アルストムのテクノロジーや能力を理解すればするほど、すばらしい買収取引だという思いが増しました。GEにとって、タイミングも内容も申し分のない取引です」

GEのビックデータ技術を活用、アルストムの発電設備を向上

急ピッチでデジタル・インダストリアル企業に変わりつつあるGEは、ビッグデータやアナリティクスを活用してアルストムのインストール・ベースのパフォーマンス向上を目指す方針です。またアルストムが持つ専門知識やテクノロジーは、GE全体への迅速なノウハウ拡大を支えるGEストアを充実させるでしょう。そして、150か国以上の現地リソースと、発電業界のお客様へのリーチも得られます。

GE、再生エネルギーの製品ポートフォリオを活用

この買収によって、GEは業界で最も幅広く充実した再生エネルギーの製品ポートフォリオを活用できるようになります。また火力発電所のトータルな設計を改善し、世界で競争できる基盤とスケールを備えた幅広い送配電ポートフォリオを獲得することもできます。そして、プロジェクトの知識や発電所プロジェクトの資金調達の面でも力を強化することができるでしょう。