ロゴ

パリコレ ルイ・ヴィトンのランウェイに降り立ったGEのジェット・エンジンとは?

今も2秒ごとに1機、GEのテクノロジーによる航空機エンジンを搭載した飛行機は、世界のどこかの滑走路を飛び立っています。しかし今月初旬、GEの航空機エンジンは、ファッションブランドの新作を身にまとったスーパーモデルたちが闊歩する“ランウェイ”に降り立 ちました。パリで開催されたルイ・ヴィトンのショーのことです。

ルイ・ヴィトンのクリエイティブディレクター、ニコラ・ジェスキエールは、“Strange Days”と冠した今回のコレクションに、GEとその合弁パートナーが作るジェット・エンジンのベアリング(軸受け)の写真をプリントした生地を用いたのです。ジェスキエールがデザインしたジャンプスーツやレザージャケットに起用されたのは、史上最多の販売実績が記録されておりB787ドリームライナーの動力であるGEnx、CF34、そして総2階型ジャンボ機A380のためのエンジン・アライアンスを通じて開発したGP7200など。ハンドバッグやアクセサリーにも、エンジンがもつ流線型のファンブレード(羽根)や金属製の排気ノズルといった要素を盛り込まれました。

パリコレのランウェイ

このアイデアの背景にあったものとは?GE製ジェット・エンジンは、いまやその多くがインダストリアル・インターネットに繋がっています。ジェスキエールは、デジタルの世界と物理的な世界、その両方が交差するところを鮮やかに表現したかったのだと言います。「僕たちが暮らす世界は、いまやものすごくデジタル化されているよね。でも同時に、現実的な生活も送ってるんだ」

ジェスキエールが紡ぎだすファッションそのもののように、ショーは観る者をその世界観にどっぷりと浸らせ、官能的で誰もが心を奪われるものでした。このショーが繰り広げられた“ブラック・ボックス“状の会場は、未来を感じさせるデジタル・ビートが響き渡りました。そして、まるで細いランウェイに現れては遠くに消えて行くモデルたちのように刺すような光が飛び交うショーは、独特の空気感に包まれました。下の写真たちと、ショーの模様を収めたビデオもお楽しみください。

最先端を走るファッションとエンジニアリング

最先端を走るファッションとエンジニアリング

最先端を走るファッションとエンジニアリング

最先端を走るファッションとエンジニアリング

最先端を走るファッションとエンジニアリング (写真:ルイ・ヴィトン)

GEnx-1Bエンジン

上および下の写真:GEnx-1Bエンジン (写真:GE/ Adam Senatori)

GEnx-1Bエンジン

GE製CF34エンジン

上:GE製CF34エンジン(写真:GEアビエーション)