ロゴ

GE、エッジ上でアプリが稼働する「Predix Edge System」を発表

産業用IoTのためのオペレーティング・システムとしてGEが開発した「Predix」をあらゆる企業が活用できるように公開してから、1年が経ちました。世界中のソフトウェア・エンジニアたちはPredixプラットフォーム上でアプリを開発できるようになり、たとえば鉄道や飛行機、発電所をはじめとした様々な機器からデータを収集し、クラウドシステムを使って解析することが可能になりました。例えば、世界最大級のエレベーターメーカーであるシンドラー社は、Predixプラットフォームを使ってエレベーターとエスカレーターの電力消費の最適化を図っています。

GEは11月15日からサンフランシスコで開催した「Minds+Machines 2016」で、この「Predix」の次世代バージョンを発表しました。新しい「Predix」は、文字通り“エッジ”の効いたプラットフォームに仕上がりました。IoT領域で言う“エッジ”とは、クラウドとお客様の環境との接点部分です。つまり、新しい「Predix Edge System」では、全てのデータをクラウドに送らずとも、システムの「エッジ(境界)」あるいは機器上で直接解析を始めることが可能になりました。ユーザー企業は、超小型医療機器からコントローラー、ネットワーク・ゲートウェイ、ルーターに至るまで、どこでも必要なところに機器用アプリを組み込むことができ、それを最終的にクラウドと接続できるようになります。結果として、プログラムが高速化し、機器はそこから得られた解析データを活用して自らを修復したり最適化できるようになるわけです。

風力タービンからドローンまであらゆるものをインダストリアル・インターネットに
接続させているGEデジタル・ファウンドリー@パリの開発者たち
(画像:GEデジタル)

最上部の写真:風力タービン、送電線などの点検に活用している
Predixプラットフォームに接続したドローン
(画像:GE Reports)

理論的には、シンドラーグループでは今後、個々のエレベーターに小型コンピュータを搭載してその場でデータを解析、即座に必要な修正措置をとることが可能になるはずです。中央制御されたコンピュータ上で作動する「Predix Analytics」がオペレーションを最適化するのを待つ必要はなく、現地の機器上で直接Predixプラットフォームの100個のアプリケーションが作動するようになる、というわけです。

GEはこれまで、「Predix」の開発に10億ドルを費やしてきました。来年はこれを上回る投資を行い、Predixプラットフォームのマシーン・ラーニング能力をいっそう向上させるためにこの新しいエッジ用システムの機能を活用し、ゆくゆくは機器が自らの効率性を高めるべく学習できるようにする計画です。

いま、アメリカ、インドを筆頭に、日本を含む世界中で19,000人あまりがPredixプラットフォーム上でアプリ開発を行っています。加えて、アクセンチュア、AT&T、キャップジェミニ、シスコシステムズ、デロイトデジタル、インフォシス、インテル、ジェンパクト、ソフトバンク、ソフトテック、TCS、ボーダフォン、ウィプロといったパートナーがGEと協働しており、これらのパートナー企業はPredixプラットフォーム上のアプリを開発するために、自社の開発者向けの研修も行っています。

また、アプリ開発者向けには、その開発を簡易にする43(2016年11月時点)のソフトウェア構築用ブロック、つまり時系列データベースやブロックチェーン・ベースのセキュリティ性能といったマイクロサービスを用意しています。そして、来年にはこうした開発者向けツールをビジュアル化して、さらに使いやすくしていく予定です。

Minds+Machines 2016」では、GEの様々な事業部門がPredixプラットフォーム向けの新サービスを発表しました。GE Reports Japanでも、今後それらの詳細をご紹介していきます。