ロゴ

サービス・エコノミー2.0:GEデジタル、サービスマックス社を買収し機器の最適運用にクラウド分析を活用

GEデジタルは、新たにサービスマックス社の買収を決めました。同社が持つの強みとGEが運営するPredixプラットフォームとの組み合わせによって、顧客企業の機器資産を最適運用するための円滑な保守・メンテナンスを実現する“キラー・アプリ”の開発が、よりスピードアップされるはずです。

この買収によって、ジェット・エンジンや発電プラント、医療用スキャナーのような、私たちも日常的に頼りにしているテクノロジーの保守やメンテナンスを担う現場技術者たちの仕事は、今後もっと楽になります。サービスマックス社は、カリフォルニア州プレザントンを本拠地とするソフトウェア企業。機械設備のユーザーやプラントのオーナーがその資産をもっと効果的に運用できるよう、機器設備のフィールド・サービス管理のためのクラウド・アプリケーションを開発しています。つまり、現場で作業にあたるフィールド・サービス技術者たちにデジタル・ツールを提供し、適切なタイミングに作業を行えるようにしている、というもの。

Predixプラットフォーム上でこうした技術を展開することで、インダストリアル・インターネットの可能性を最大限に引き出し、顧客企業の生産性向上を支援できると考えています。

ここ数年、GEはこれまでのインダストリアル領域の伝統を超えて時代の趨勢でもあるデジタル化に向けて事業拡張を行い、「デジタル・インダストリアル・カンパニー」となるべく舵を切ってきました。GEデジタルを設立してインダストリアル・インターネットのOSでもある「Predix」を構築し、何百万台もの機器がつながるようにしました。Predixプラットフォーム上では今や世界中で19,000人を超えるソフトウェア開発者たちが機器を“スマート化”するアプリを開発しています。その結果、ジェット・エンジンは「着陸したら部品交換が必要だ」というメッセージを飛行中に送信できるようになり、発電プラントは「重要なパーツの現地保守サービスが必要な状況だ」というアラートを自ら発することができるようになりました。

それでも多くの企業では、いまだに技術者たちが紙ベースのマニュアル、クリップボード、鉛筆を使って作業をしています。どんな部品が必要なのかは、故障した機器の蓋を開け、中をのぞき込むまで分からないような状況です。この状況を変えるのがサービスマックスの革新的なデジタル・ツール。これを使えば、今回どの部品が必要なのか、機械のどこに注意すればよいのかを技術者が予め把握したうえで現場に向かうことを可能にします。また、その場で顧客に請求書を発行することもできるようになるなど、世界に2,000万人以上も存在するフィールド・サービス技術者の仕事はもっと楽なものになります。

GEデジタルのサービスマックス買収で、ジェット・エンジンや発電プラント、
医療用スキャナーを修理、修繕するサービスマンの仕事をもっと楽なものに
(写真:GE Reports)

サービスマックスのフィールド・サービス管理ソフトウェアは、物的資産についての情報を現場の技術者にリアルタイムで提供します。機器に取り付けたセンサーが収集した情報を、クラウドを介してモバイル端末に送信。技術者は、過去の修理履歴からいま起きている問題点に対するインサイトまで確認することができます。最良のパターンでは、機械が故障する前段階でアラートを受け、予期せぬダウンタイムに伴うコストが発生する前に先回りしてメンテナンスを行う、といったことを実現します。

GEベンチャーズは2015年の段階ですでに、膨大な台数の輸送トラックや技術者を大勢管理する企業のあいだで支持されていたサービスマックス社へ投資し、8,200万ドルの資金調達ラウンドに参加していました。今回の新たな買収におけるサービスマックス社の評価額は9億4,500万ドルです。

サービスマックスのアプリケーションでは、在庫や部品の手配、技術者のスケジュール調整、修理作業の管理に加え、作業指示書の管理も可能で、今後そのすべてがGEの「Predix」プラットフォーム上の一部となります。同社とGEはすでに業務上の強固な関係を築いており、過去2年間にもGEの事業全体で約5,000万ドルに相当する生産性向上をもたらすプロジェクトで連携してきました。

GEデジタルの最高責任者ビル・ルーは「今回の買収は、Predixプラットフォームに全ての技術を集積し、インダストリアル・インターネットのビジョンを推し進めようという継続的な努力の結実です」と言います。

サービスマックス社の最高責任者デイビッド・ヤーノルドは「新たな市場へと拡大しつつ、顧客企業の生産性と効率を最大限に高められるよう、引き続き最高のツールをお届けしていきます」と抱負を語っています。

この取引は、来年1月の完了を予定しているGEデジタルの最新の買収であり、GEデジタルはインダストリアルIoTを構築、世界中で数百万台という機器を接続していくことで、産業用アプリのエコシステムを創り上げ、機器資産の運用効率の最適化を図っていきます。GEの全ての事業部門は、機械をクラウドに接続しています。GEトランスポーテーションは鉄道網の運用最適化を、GEアビエーションは旅客ジェット機に活用しており、GEヘルスケアはソフトウェアや分析技術を用いて治療法の改善やコスト削減に努めています。